転職したいSEの方必見!SEが転職するとどんな仕事がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職したいSE

毎日単調なプログラミングの仕事ばかりで技術力が全然身につかない…と悩んでいるSEの方は多いのではないでしょうか。ITゼネコンとも呼ばれるSE業界は、下請けになればなるほどプロフェッショナルな仕事から遠ざかってしまいます。下請け会社で単調な仕事ばかりしているのであれば、今後のキャリアのためにも転職を考えてみるのはいかがでしょうか。

SEが転職する場合の2つポイント

SEが転職する場合、タイミングとキャリアプランをしっかり考えることがポイントになります。
タイミングとは年齢的な面と家族のことです。年齢的な面では20代の内は未経験でもSEの求人募集は多くありますが、30代を超えると急激に求人の数が減ってしまうのが現状です。家族のことについても30代になると子どもがいる家庭も多く、転職を妻に反対される可能性が高くなります。したがって転職を考えているのであればなるべく早めに行動することが大切です。
キャリアプランでは自分がどのくらいの年収を持ってどのような仕事をしたいかを明確にしておく必要があります。年収や仕事内容以外にも人生プランもしっかり考えておくのがいいでしょう。

自社開発SE

ITゼネコンの構造から脱出したいと考えているのであれば、Web系の事業会社やソフトウェア会社に転職するのがいいでしょう。Web系の事業会社ではECやメディア、ソーシャルゲームなどの仕事に携わることができ、ソフトウェア会社では自社でアプリケーションを開発することができます。したがってプログラミングが好きな方や開発スキルがある方は自社開発SEへの転職が最適です。
常に最新の技術に触れながら開発を行うWeb系の自社開発SEは、開発スキルを上げることができるので、自分のスキルを上げて次のステップに進みたい場合にも有効です。

社内SE

異業種への転職を希望しているのであれば、社内SEの職を探してみるのはいかがでしょうか。社内SEとはさまざまな意味合いがありますが、多くの企業では社内のIT担当という役割が高いです。業務内容は既存システムの保守やパソコン回りの雑用以外にも自社ホームページの運営やウェブ上での集客というマーケティングの分野など幅広く業務をこなしていくことが多くあります。社内SEとして転職していてもマーケティングの分野に携わることができ、自分のスキルを上げることができるのです。
社内SEとして転職するには、希望職種欄にはじめから「社内SE」という項目があるIT専門の転職サイトを利用するのがいいでしょう。

フリーSE

収入をもっと上げたいのであればフリーSEになることを考えてみるのはいかがでしょうか。フリーSEは正社員の倍の給料を手に入れることができます。フリーのSEというと高い技術が必要なのではと考えてしまいますが、特別なスキルは必要ありません。フリーといっても普通のエンジニアやプログラマが多く、業務用JAVAやC、C++などの古いシステムの案件もまだまだ多いです。
フリーエンジニアの転職案件を専門に扱っているところは多くないので、フリーSEに転職したいと思っているならフリー専門エージェントを利用するのがいいでしょう。

ITコンサルタント

ITスキルの経験を活かして経営に関する仕事がしたいと考えているなら、ITコンサルティング会社に転職するのが最適です。さらにITコンサルティング会社で年収アップを狙いたいのであればアクセンチュアなどの外資系のITコンサルティン会社に転職するのがいいでしょう。ITコンサルティング会社に転職する時の注意点としては、中小ITコンサルティング会社への転職です。中小ITコンサルティング会社では、ITコンサルタントとして採用しておいて実際には客先常駐SEとして働かせる場合があるので、中小への転職は十分注意しましょう。

転職する場合の注意点

SEが転職する場合の注意点としては、SEのキャリアを捨てて転職をしないということです。客先SEとして働いているとサービス残業が多く肉体的にも精神的にも疲弊してしまい、もうSEの仕事はしたくないと思うかもしれません。しかし未経験で異業種に転職すると20代の場合は新卒扱いで採用されてしまい、30代では未経験での転職はほぼ不可能になってしまいます。なかには30代でも未経験者を採用している企業がありますが、そのような企業は離職率が高く、いわゆるブラック企業と呼ばれているところが多いです。したがってSEが転職するならキャリアを活かした転職を行うことがポイントになります。

まとめ

このようにSEの転職には、自社開発SEや社内SE、フリーSEやITコンサルタントなどさまざまな転職先があります。これらの転職先はそれぞれ異なる特徴があり、プログラミングが好きであれば自社開発SE、SEのスキルを活かしてステップアップしたいなら社内SEが最適です。また収入を伸ばしたいのであればフリーSE、経営にも関心があるならITコンサルタントがいいでしょう。
SEが転職する場合のポイントとしては、転職するタイミングを見極めることとキャリアプランをしっかり持つことです。転職する際に気を付ける点は、SEのキャリアを捨てないことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。