二つの方向性を考えて行うSEの転職

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二つの方向性を考えて行うSEの転職

SEになると転職をして業界内で新しい仕事を選ぶことがよくあります。人生を左右する可能性がある機会になるため、方向性をよく考えて決断するのが重要です。転職をする前にまずはエンジニアとしての人生をどうするか考えてみましょう。

SEにとって転職はエンジニア人生を決める機会

転職は人生の転機となるのはどの職種でも同じではありますが、SEにとっては大きくエンジニア人生を左右する機会になります。SEにとって転職はただ仕事内容を変えるためのものではなく、自分のキャリアパスを定めるものになるからです。新しい職場で新しい仕事に従事することにより、今までとは異なる知識や技術を要求されるようになります。その業務を高いレベルで行えるようにするために新たな知識や技術の習得に励むことになり、結果として実績を上げられるとキャリアが構築されていくのです。そのキャリアを基にしてまた新しい方向性で転職をすることも可能であり、自分が最終的にどのような形で働くエンジニアになりたいのかに応じて転職の方向性を決める必要があります。また、転職によってSEは時間の使い方も変えることが可能です。若いうちには仕事一辺倒になることで十分に知識や技術を高めることがエンジニア人生を豊かにすることにつながります。しかし、一人前のSEとなってからは同じように仕事を中心にして働くこともできる一方、私生活にもう少し時間を使えるようにする働き方も選ぶことが可能です。転職をするときにはこの二つの方向性を考えて最適な求人を見つけることが重要になります。

キャリアパスを考えて選ぶ転職先

キャリアパスを考えて転職先を選ぶときには終着点をまず決めることが肝心です。開発を担っていくエンジニアとして台頭するという大枠で考えても、プログラマーとしてプログラミングを中心軸に置くか、現場でマネジメントを行いながら専門業務にも従事するプロジェクトマネージャーへのキャリアアップを目指すか、同じようにSEとしてシニアの立場になっていくかといった方針を考えられます。それに応じて転職先の職種を吟味することが欠かせません。プログラミングスキルを高めたいなら開発の最前線に身を置く必要がありますが、プロジェクトマネージャーを目指すならSIerなどで顧客対応についても学ぶのが役に立ちます。SEで働き続けるならスペシャリストを目指すか、ジェネラリストになるかに応じて転職先の分野を検討することが必須でしょう。一方、管理職を目指して専門業務よりもマネジメントに重きを置くことも可能です。この場合にはマネジメントスキルを磨くことができるようにコンサルタントなどを経験するのが良い方法になります。転職は一度きりにする必要はないため、最終的な目標を定めたら、いつまでにどの現場で経験を積むかを考えてキャリアパスを定めることが肝心です。

時間的な余力を考慮して選ぶ転職先

時間的な余力を考えて転職先を選ぶときには私生活にどれだけの時間が欲しいかを考えることが必要です。キャリアパスを考えて高みを目指していこうと考えると仕事の時間の比率を大きくせざるを得ません。そのため、キャリアパスを考えた上でどれだけ私生活の時間を確保するかを考えてみると、両方の希望を叶えるのが難しくなる場合もあります。社内SEのように比較的時間的な余裕を持ちやすい転職先を選ぶと、そこからプロジェクトマネージャー目指そうとしてもキャリアパスとしては難しくなりがちです。時間の使い方を優先するときには、仕事に使える時間がどれだけあるかを考えた上で、その枠内で働ける転職先を探すことが必要になります。

年齢に応じてできる独立も選択肢

SEが転職を考える上で考慮しておくと良いのが独立です。エンジニアとして活躍してきた経歴と実力があると個人事業主として働くことも可能であり、フリーランスで稼いでいるエンジニアもいます。フリーランスで働くと時間的な自由を獲得することができるため、キャリアを作り上げたいときにも私生活を充実させたいときにも問題ありません。若さが求められやすいのがフリーランスの特徴ですが、年齢を重ねてしまってからでも独立することは可能です。その場合には十分な経験とノウハウを生かしてベンチャー企業を設立するという方法が有力になります。業界事情もよく知っているベテランになり、成功できる可能性を秘めた発想を持ち合わせていれば大きな成果を上げられる可能性を見出すことが可能です。エンジニアとしての終着点として考えておく価値があります。

方向性を早期に定めて転職するのがSEの基本

SEにとって転職はキャリアを作り上げる上でも私生活の時間を確保する上でも重要なものです。キャリアを高めていくのと時間的な余裕を生み出すのとを両立させるのは難しい傾向がありますが、どちらも適度なレベルにするのを目指すか、一方を優先させるのかを早期に定めて転職先を決めていくことが大切になります。独立するという道も年齢を問わずに選べるのでキャリアパスの候補に入れると自由度を高めることが可能です。どの方向性を考えるとしても重要なのはエンジニアとしての終着点を考えておくことであり、それを目指して転職していくと成功します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。