失敗する考え方からSEの転職について学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悩むエンジニア

SEとして働き続けていると、今の職場に不満を持っている人もいるでしょう。SEとしてのスキルに自信があれば、より良い条件を求めて転職を検討するSEもいます。
ただ、新天地を求めるにしても転職に失敗しては元も子もありません。ここでは、失敗する考え方や行動からSEの転職について考えてみましょう。

失敗例から転職活動について学ぶ

SEが活躍するIT業界は成長を続けているので、新規に参入する事業者が増えています。つまりそれだけSEが活躍できるチャンスが広がっていますが、中には経営基盤がぜい弱な企業もあります。せっかく転職したのに聞いていた条件と違って、より過酷な環境で働かざるを得なくなってしまったら後悔しか残りません。
転職活動には情報収集は欠かせません。ただどんなに情報を集めたり、慎重に転職活動を進めたりしても、実際に会社に入って見なければ分からないことがたくさんあります。そのため情報収集も大切ですが、どのような考え方や行動だと転職が失敗するかをきちんと学んでおきしょう。

一人前のレベルに到達しないと失敗します

SEというのは技術職であるので、ある程度の専門知識が必要です。ましてや転職者に対しては即戦力を期待しているので、ある程度のことを任せられる人材を求めています。
そのため、SEの職域においてどの分野でも一人前のレベルに到達していなければ、転職活動は失敗する可能性が大きくなります。またSEには職人気質の人が多く、個人プレーで仕事をしているイメージがあります。しかし実際はプロジェクトに沿って仕事を進めるため、イメージとは大きく異なりチームプレイです。転職者には一定分野を仕切れる能力が求められるので、それができなければチームの一員として認められません。
結局腕が未熟のまま転職をすれば、転職先からは使い物にならないというレッテルを貼られてしまいます。そうすると転職先でも居場所がなくなり、不本意な転職活動を繰り返してしまうのです。
今の職場に不満があって転職したくても、特定の分野で一定レベルに達していなければ、まずはスキルを磨くことに専念しましょう。それから転職活動を進めても遅くはありません。

ミスマッチな案件を紹介されたら注意しよう

SEが転職活動を行うときには、インターネット上のサイトを活用することが多いです。サイトに登録すると担当の転職エージェントが、希望者の条件にマッチする案件を探してくれます。
しかし、時々ですがミスマッチな案件を紹介してくることがあるので注意が必要です。「Aさんはこのような職種をお探しですが、こちらの案件は職種が異なりますが、経験を積めばスキルアップができるのでおススメです」などといって、希望する仕事内容と違うものを紹介するケースです。これで安易に転職してしまうと、新しい職場で「こんなはずではなかったのに」と後悔するケースが少なくありません。
これは転職エージェントが自分の実績づくりのために職場を紹介している可能性があるので、譲れない条件は妥協しないで交渉しましょう。
ただしミスマッチな案件を紹介しようとする背景には、転職希望者の市場価値がそれほど高くないことを示している可能性があります。つまり自分のスキルが一定レベルに達していないと、転職のプロは見ているかもしれません。だから一度冷静に考えて、今の会社でスキルが身に着くまで頑張ってみても良いでしょう。そして再びエージェントから希望に沿う案件を紹介されたら、思い切って転職するのも1つの方法です。

若いうちから将来を見据えた目標を

SEは若い人しか活躍できず、35歳にもなれば限界であるという噂があります。だから35歳を過ぎて転職すると失敗しやすいといわれていますが、果たして本当でしょうか。
これはSEに限らずどの業界にも共通しているかもしれません。というのも30代も半ばになると、企業が求めるハードルが高くなるからです。どちらかといえばマネジメント能力を求められることが多く、プロジェクトリーダーとして全体の管理・部下の管理能力が必要となってきます。
そのためエンジニアとしてはある程度のスキルを持って自信があっても、マネジメント能力がないために転職が失敗する可能性もあります。
最初から転職ありきで仕事をするわけではありませんが、20代の若いうちから将来を見据えて管理職を目指しておくことが望まれます。もちろん、専門分野も見つけながら仕事をこなしていくので大変かもしれません。しかしこのような経験を積んでおけば、30代半ばになっていざ転職を考えたたときに、より良い条件の就職先を見つけやすくなります。

まとめ

いかがでしょうか。SEが活躍するIT業界は生存競争が激しく、先のことは全く分かりません。
昔であれば定年まで会社がしっかり面倒を見てくれましたが、今は時代が大きく変化しています。また、必ずしも1つの会社で定年まで勤めあげることが美徳という時代でもありません。
自分が納得して働ける環境を求めて、自分のスキルを評価してくれる会社に転職することが珍しくありません。しかし不平や不満があるからといって、安易に転職してしまっては高い確率で失敗します。
自分が望む転職をするならば長い時間をかけて準備をし、 自身の市場価値を高めるためにも研鑽をつまなければならないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。