SEの転職

失敗する考え方からSEの転職について学ぶ

悩むエンジニア

SEとして働き続けていると、今の職場に不満を持っている人もいるでしょう。SEとしてのスキルに自信があれば、より良い条件を求めて転職を検討するSEもいます。
ただ、新天地を求めるにしても転職に失敗しては元も子もありません。ここでは、失敗する考え方や行動からSEの転職について考えてみましょう。

失敗例から転職活動について学ぶ

SEが活躍するIT業界は成長を続けているので、新規に参入する事業者が増えています。つまりそれだけSEが活躍できるチャンスが広がっていますが、中には経営基盤がぜい弱な企業もあります。せっかく転職したのに聞いていた条件と違って、より過酷な環境で働かざるを得なくなってしまったら後悔しか残りません。
転職活動には情報収集は欠かせません。ただどんなに情報を集めたり、慎重に転職活動を進めたりしても、実際に会社に入って見なければ分からないことがたくさんあります。そのため情報収集も大切ですが、どのような考え方や行動だと転職が失敗するかをきちんと学んでおきしょう。

一人前のレベルに到達しないと失敗します

SEというのは技術職であるので、ある程度の専門知識が必要です。ましてや転職者に対しては即戦力を期待しているので、ある程度のことを任せられる人材を求めています。
そのため、SEの職域においてどの分野でも一人前のレベルに到達していなければ、転職活動は失敗する可能性が大きくなります。またSEには職人気質の人が多く、個人プレーで仕事をしているイメージがあります。しかし実際はプロジェクトに沿って仕事を進めるため、イメージとは大きく異なりチームプレイです。転職者には一定分野を仕切れる能力が求められるので、それができなければチームの一員として認められません。
結局腕が未熟のまま転職をすれば、転職先からは使い物にならないというレッテルを貼られてしまいます。そうすると転職先でも居場所がなくなり、不本意な転職活動を繰り返してしまうのです。
今の職場に不満があって転職したくても、特定の分野で一定レベルに達していなければ、まずはスキルを磨くことに専念しましょう。それから転職活動を進めても遅くはありません。

ミスマッチな案件を紹介されたら注意しよう

SEが転職活動を行うときには、インターネット上のサイトを活用することが多いです。サイトに登録すると担当の転職エージェントが、希望者の条件にマッチする案件を探してくれます。
しかし、時々ですがミスマッチな案件を紹介してくることがあるので注意が必要です。「Aさんはこのような職種をお探しですが、こちらの案件は職種が異なりますが、経験を積めばスキルアップができるのでおススメです」などといって、希望する仕事内容と違うものを紹介するケースです。これで安易に転職してしまうと、新しい職場で「こんなはずではなかったのに」と後悔するケースが少なくありません。
これは転職エージェントが自分の実績づくりのために職場を紹介している可能性があるので、譲れない条件は妥協しないで交渉しましょう。
ただしミスマッチな案件を紹介しようとする背景には、転職希望者の市場価値がそれほど高くないことを示している可能性があります。つまり自分のスキルが一定レベルに達していないと、転職のプロは見ているかもしれません。だから一度冷静に考えて、今の会社でスキルが身に着くまで頑張ってみても良いでしょう。そして再びエージェントから希望に沿う案件を紹介されたら、思い切って転職するのも1つの方法です。

若いうちから将来を見据えた目標を

SEは若い人しか活躍できず、35歳にもなれば限界であるという噂があります。だから35歳を過ぎて転職すると失敗しやすいといわれていますが、果たして本当でしょうか。
これはSEに限らずどの業界にも共通しているかもしれません。というのも30代も半ばになると、企業が求めるハードルが高くなるからです。どちらかといえばマネジメント能力を求められることが多く、プロジェクトリーダーとして全体の管理・部下の管理能力が必要となってきます。
そのためエンジニアとしてはある程度のスキルを持って自信があっても、マネジメント能力がないために転職が失敗する可能性もあります。
最初から転職ありきで仕事をするわけではありませんが、20代の若いうちから将来を見据えて管理職を目指しておくことが望まれます。もちろん、専門分野も見つけながら仕事をこなしていくので大変かもしれません。しかしこのような経験を積んでおけば、30代半ばになっていざ転職を考えたたときに、より良い条件の就職先を見つけやすくなります。

まとめ

いかがでしょうか。SEが活躍するIT業界は生存競争が激しく、先のことは全く分かりません。
昔であれば定年まで会社がしっかり面倒を見てくれましたが、今は時代が大きく変化しています。また、必ずしも1つの会社で定年まで勤めあげることが美徳という時代でもありません。
自分が納得して働ける環境を求めて、自分のスキルを評価してくれる会社に転職することが珍しくありません。しかし不平や不満があるからといって、安易に転職してしまっては高い確率で失敗します。
自分が望む転職をするならば長い時間をかけて準備をし、 自身の市場価値を高めるためにも研鑽をつまなければならないのです。

二つの方向性を考えて行うSEの転職

二つの方向性を考えて行うSEの転職

SEになると転職をして業界内で新しい仕事を選ぶことがよくあります。人生を左右する可能性がある機会になるため、方向性をよく考えて決断するのが重要です。転職をする前にまずはエンジニアとしての人生をどうするか考えてみましょう。

SEにとって転職はエンジニア人生を決める機会

転職は人生の転機となるのはどの職種でも同じではありますが、SEにとっては大きくエンジニア人生を左右する機会になります。SEにとって転職はただ仕事内容を変えるためのものではなく、自分のキャリアパスを定めるものになるからです。新しい職場で新しい仕事に従事することにより、今までとは異なる知識や技術を要求されるようになります。その業務を高いレベルで行えるようにするために新たな知識や技術の習得に励むことになり、結果として実績を上げられるとキャリアが構築されていくのです。そのキャリアを基にしてまた新しい方向性で転職をすることも可能であり、自分が最終的にどのような形で働くエンジニアになりたいのかに応じて転職の方向性を決める必要があります。また、転職によってSEは時間の使い方も変えることが可能です。若いうちには仕事一辺倒になることで十分に知識や技術を高めることがエンジニア人生を豊かにすることにつながります。しかし、一人前のSEとなってからは同じように仕事を中心にして働くこともできる一方、私生活にもう少し時間を使えるようにする働き方も選ぶことが可能です。転職をするときにはこの二つの方向性を考えて最適な求人を見つけることが重要になります。

キャリアパスを考えて選ぶ転職先

キャリアパスを考えて転職先を選ぶときには終着点をまず決めることが肝心です。開発を担っていくエンジニアとして台頭するという大枠で考えても、プログラマーとしてプログラミングを中心軸に置くか、現場でマネジメントを行いながら専門業務にも従事するプロジェクトマネージャーへのキャリアアップを目指すか、同じようにSEとしてシニアの立場になっていくかといった方針を考えられます。それに応じて転職先の職種を吟味することが欠かせません。プログラミングスキルを高めたいなら開発の最前線に身を置く必要がありますが、プロジェクトマネージャーを目指すならSIerなどで顧客対応についても学ぶのが役に立ちます。SEで働き続けるならスペシャリストを目指すか、ジェネラリストになるかに応じて転職先の分野を検討することが必須でしょう。一方、管理職を目指して専門業務よりもマネジメントに重きを置くことも可能です。この場合にはマネジメントスキルを磨くことができるようにコンサルタントなどを経験するのが良い方法になります。転職は一度きりにする必要はないため、最終的な目標を定めたら、いつまでにどの現場で経験を積むかを考えてキャリアパスを定めることが肝心です。

時間的な余力を考慮して選ぶ転職先

時間的な余力を考えて転職先を選ぶときには私生活にどれだけの時間が欲しいかを考えることが必要です。キャリアパスを考えて高みを目指していこうと考えると仕事の時間の比率を大きくせざるを得ません。そのため、キャリアパスを考えた上でどれだけ私生活の時間を確保するかを考えてみると、両方の希望を叶えるのが難しくなる場合もあります。社内SEのように比較的時間的な余裕を持ちやすい転職先を選ぶと、そこからプロジェクトマネージャー目指そうとしてもキャリアパスとしては難しくなりがちです。時間の使い方を優先するときには、仕事に使える時間がどれだけあるかを考えた上で、その枠内で働ける転職先を探すことが必要になります。

年齢に応じてできる独立も選択肢

SEが転職を考える上で考慮しておくと良いのが独立です。エンジニアとして活躍してきた経歴と実力があると個人事業主として働くことも可能であり、フリーランスで稼いでいるエンジニアもいます。フリーランスで働くと時間的な自由を獲得することができるため、キャリアを作り上げたいときにも私生活を充実させたいときにも問題ありません。若さが求められやすいのがフリーランスの特徴ですが、年齢を重ねてしまってからでも独立することは可能です。その場合には十分な経験とノウハウを生かしてベンチャー企業を設立するという方法が有力になります。業界事情もよく知っているベテランになり、成功できる可能性を秘めた発想を持ち合わせていれば大きな成果を上げられる可能性を見出すことが可能です。エンジニアとしての終着点として考えておく価値があります。

方向性を早期に定めて転職するのがSEの基本

SEにとって転職はキャリアを作り上げる上でも私生活の時間を確保する上でも重要なものです。キャリアを高めていくのと時間的な余裕を生み出すのとを両立させるのは難しい傾向がありますが、どちらも適度なレベルにするのを目指すか、一方を優先させるのかを早期に定めて転職先を決めていくことが大切になります。独立するという道も年齢を問わずに選べるのでキャリアパスの候補に入れると自由度を高めることが可能です。どの方向性を考えるとしても重要なのはエンジニアとしての終着点を考えておくことであり、それを目指して転職していくと成功します。

就職氷河期世代のSEの転職

就職氷河期世代のSEの転職

就職氷河期世代、IT業界に進出したSE達は多かったと思います。
今や、20年選手のベテランとなっている人たちも多いですが、さらなるキャリアアップのため、あるいは体を壊して再スタートなど、理由様々に転職を考える人たちも多いと聞きます。
損を強いられる世代だと言われている氷河期世代、人生で成功していくためにどうしたらいいか、考えてみました。

SEの需要動向はどうなる?

新聞でもニュースでもIT業界の人材不足がささやかれています。
また、就職氷河期に正社員になれなかった人のための再スタート支援なども取り上げられています。
一方で、景気がいいのは2020年までで、それ以降のIT業界での人材需要は冷え込むといった予測もあります。
SE需要においていえることの一つは、専門性の高いSEの需要は高いが、実力的にまずまずであれば年齢の若い人が有利となってしまう傾向があります。
特定のプログラミング言語にたけているか、データベースやセキュリティの専門的な知識がある人の需要は高いです。
しかし、専門性が低いSEには、需要は少なく厳しい現実が待っていると言えます。

マネージメント経験

40代ともなってくると、マネージメント経験のあるなしが、転職の運命を左右します。
小さなチームでもプロジェクトでも、運営しているマネージメント経験がないSEは、転職の時に年収ダウンを避けられないと考えたほうがいいといっても過言ではないでしょう。
そのため、転職の際に、プロジェクトを管理できるということをアピールする何かが必要です。
具体的にはWBSを用いての進捗管理や、プロジェクトの納期を守ること、自分なりのプロジェクトを成功させるための工夫や取り組みなどを整理しておいて、面接のときにアピールするなどの工夫が必要です。

資格は有力な武器になる?

資格を有力な武器だとする人と、資格よりも経験、という風に意見が真っ二つに分かれます。
SEとして資格を取るのなら、個人的には次の二つをオススメします。
1)TOEIC
昨今は、パブリッククラウドの利用などの背景もあったり、グローバル企業のITシステムを担当するなど英語が使えると仕事の幅が広がります。資格手当を出してくれるIT会社も数多くあります。
技術の専門書や情報を集めるのにも英語で書かれている文献をて勉強したらいいでしょう。

2)情報処理技術者試験
受験料がほかのベンダー資格に比べて安く、資格としても汎用的に通用しやすいものが多いです。
データベース、ネットワーク、プロジェクトマネージャーなど上位の資格を狙って勉強しておくと、どこに行っても一目置かれます。経験にプラスして、資格があると、転職にとても有利なのではないかと思います。

フリーランスか正社員か

SEでフリーランスとして独立すれば、月収で70万、80万をもらうことも多いです。
しかし、一方で年齢が上がるほどフリーランスとして雇ってくれる企業が少なくなるという話はよく聞きます。
年齢的に自分より上の人を部下として雇うのが大変だから、というのが大半の理由だと言われています。
フリーランスのメリットは、体力が落ちてくる年代になっても自分の体力に応じて自由に働ける、という点でしょうか。
しかし、新しいIT技術の動向などに常に目を光らせたり、人脈を広げながら安定的に仕事を取っていく営業力は必須です。
正社員として就職するメリットは、なんといっても安定していることではないでしょうか。
しかし、あくまでも管理職または何か特定の会社に必要とされるスキルや人脈などがあればといったところになると思います。
いずれにしても、40代のSEならば、人生最後の転職となることを覚悟する必要はあります。

数を打てばあたるのではなく、じっくりと研究して会社を選ぶこと

複数のエージェントに登録してかたっぱしから会社の面接をしたとしても、転職活動はうまくいきません。
SEは普段の業務でも忙しく、多くの面接に行くのも難しいです。
そのため、転職エージェントなども利用しつつ、じっくりと会社の研究をしてから応募することをオススメします。
自分の働くイメージをしっかりと膨らませて条件にあう企業を選んでいく必要があります。
今まで長くSEを続けてきた人なら、何らかの経験が身についているはずです。
経験を生かすことに加えて自分のやりたい業種、分野などをはっきりとさせながら、キャリアプランをしっかりと持つことが転職成功の第一歩です。そして、これから20年はある残りの仕事の人生のキャリアプランについてある程度イメージを固めたうえで転職活動を進めていくことが大切です。
また、自分の市場価値についても正確に把握しておいてこそ、願っている転職ができます。
焦って安易に転職先を決めるようなことは絶対にしてはいけません。

オススメのエージェント、リクルートサイト

様々な連絡が来て、面倒にはなるかもしれませんが、エージェントに複数登録して活動することが一般的です。
まず、リクルートサイトとしては、リクナビをオススメします。
また、特に地方で働きたい(Uターン、Iターンを含む)場合には、Indeedが有効です。
エージェントとしては、個人的にはDODAがオススメです。
まずは、エージェントやリクルートサイトに登録して自分と同じぐらいのキャリアを持っている人がどれぐらいの年収で転職できるのかを探る必要があります。
その上で、エージェントに相談して、履歴書や職務経歴書のアドバイスをもらったり、面接時のアドバイスをもらうところに注力します。
働く先の会社の雰囲気や様子などはしっかりと聞く必要があります。
企業の口コミサイト(Vectorsやみん就など)をみて企業研究をすることもお忘れなく。

後悔のない転職活動になるために

40代ともなれば、転職は本当に難しいです。
転職してしまえば、どんなに技術のあるSEであっても、転職したての頃は新入社員として扱われる面も多々あります。
慣れるまでの苦労もあるし、必ず自分の希望通りに事が進むとも限りません。
小さな不満によって、転職して以前より状況が悪くなったということがないように、よく考えて計画的に転職活動を進める必要があります。
もし、リストラや病気などの不測の事態によって転職(あるいは再就職)を余儀なくされるのだとしても、焦らないことです。
必ず自分に合う会社があります。心配しないで、自信をもって転職活動に臨んでいきましょう。

転職したいSEの方必見!SEが転職するとどんな仕事がある?

転職したいSE

毎日単調なプログラミングの仕事ばかりで技術力が全然身につかない…と悩んでいるSEの方は多いのではないでしょうか。ITゼネコンとも呼ばれるSE業界は、下請けになればなるほどプロフェッショナルな仕事から遠ざかってしまいます。下請け会社で単調な仕事ばかりしているのであれば、今後のキャリアのためにも転職を考えてみるのはいかがでしょうか。

SEが転職する場合の2つポイント

SEが転職する場合、タイミングとキャリアプランをしっかり考えることがポイントになります。
タイミングとは年齢的な面と家族のことです。年齢的な面では20代の内は未経験でもSEの求人募集は多くありますが、30代を超えると急激に求人の数が減ってしまうのが現状です。家族のことについても30代になると子どもがいる家庭も多く、転職を妻に反対される可能性が高くなります。したがって転職を考えているのであればなるべく早めに行動することが大切です。
キャリアプランでは自分がどのくらいの年収を持ってどのような仕事をしたいかを明確にしておく必要があります。年収や仕事内容以外にも人生プランもしっかり考えておくのがいいでしょう。

自社開発SE

ITゼネコンの構造から脱出したいと考えているのであれば、Web系の事業会社やソフトウェア会社に転職するのがいいでしょう。Web系の事業会社ではECやメディア、ソーシャルゲームなどの仕事に携わることができ、ソフトウェア会社では自社でアプリケーションを開発することができます。したがってプログラミングが好きな方や開発スキルがある方は自社開発SEへの転職が最適です。
常に最新の技術に触れながら開発を行うWeb系の自社開発SEは、開発スキルを上げることができるので、自分のスキルを上げて次のステップに進みたい場合にも有効です。

社内SE

異業種への転職を希望しているのであれば、社内SEの職を探してみるのはいかがでしょうか。社内SEとはさまざまな意味合いがありますが、多くの企業では社内のIT担当という役割が高いです。業務内容は既存システムの保守やパソコン回りの雑用以外にも自社ホームページの運営やウェブ上での集客というマーケティングの分野など幅広く業務をこなしていくことが多くあります。社内SEとして転職していてもマーケティングの分野に携わることができ、自分のスキルを上げることができるのです。
社内SEとして転職するには、希望職種欄にはじめから「社内SE」という項目があるIT専門の転職サイトを利用するのがいいでしょう。

フリーSE

収入をもっと上げたいのであればフリーSEになることを考えてみるのはいかがでしょうか。フリーSEは正社員の倍の給料を手に入れることができます。フリーのSEというと高い技術が必要なのではと考えてしまいますが、特別なスキルは必要ありません。フリーといっても普通のエンジニアやプログラマが多く、業務用JAVAやC、C++などの古いシステムの案件もまだまだ多いです。
フリーエンジニアの転職案件を専門に扱っているところは多くないので、フリーSEに転職したいと思っているならフリー専門エージェントを利用するのがいいでしょう。

ITコンサルタント

ITスキルの経験を活かして経営に関する仕事がしたいと考えているなら、ITコンサルティング会社に転職するのが最適です。さらにITコンサルティング会社で年収アップを狙いたいのであればアクセンチュアなどの外資系のITコンサルティン会社に転職するのがいいでしょう。ITコンサルティング会社に転職する時の注意点としては、中小ITコンサルティング会社への転職です。中小ITコンサルティング会社では、ITコンサルタントとして採用しておいて実際には客先常駐SEとして働かせる場合があるので、中小への転職は十分注意しましょう。

転職する場合の注意点

SEが転職する場合の注意点としては、SEのキャリアを捨てて転職をしないということです。客先SEとして働いているとサービス残業が多く肉体的にも精神的にも疲弊してしまい、もうSEの仕事はしたくないと思うかもしれません。しかし未経験で異業種に転職すると20代の場合は新卒扱いで採用されてしまい、30代では未経験での転職はほぼ不可能になってしまいます。なかには30代でも未経験者を採用している企業がありますが、そのような企業は離職率が高く、いわゆるブラック企業と呼ばれているところが多いです。したがってSEが転職するならキャリアを活かした転職を行うことがポイントになります。

まとめ

このようにSEの転職には、自社開発SEや社内SE、フリーSEやITコンサルタントなどさまざまな転職先があります。これらの転職先はそれぞれ異なる特徴があり、プログラミングが好きであれば自社開発SE、SEのスキルを活かしてステップアップしたいなら社内SEが最適です。また収入を伸ばしたいのであればフリーSE、経営にも関心があるならITコンサルタントがいいでしょう。
SEが転職する場合のポイントとしては、転職するタイミングを見極めることとキャリアプランをしっかり持つことです。転職する際に気を付ける点は、SEのキャリアを捨てないことです。