還暦祝いにありがちな事

Posted 火曜日, 1月 21st, 2014

還暦祝いのプレゼントは結婚祝いや出産祝いのようにタブーのような決まりごとが少ない一方で、意外と避けたほうが良い地雷をあえて踏んでしまうという方も少なくありません。例えば還暦祝いにありがちな問題としては贈る側が贈られる側を過度に老人扱いしてしまうケースです。


還暦祝いには老人を連想させる贈り物は避ける

例えば還暦祝いに老眼鏡や補聴器等を検討される方がいらっしゃりますが、これはだいぶ相手を選ぶ贈り物になります。特に今現在贈る相手が視力や聴力に不自由していない場合これから視力や聴力が落ちていく事を暗示させる為好ましくありません。また衣類などを還暦祝いに選ばれる際もあまり高年齢者向けのデザインを選んでしまうのは喜ばれないと言います。


相手の得意分野は難しい

また何か贈る相手に趣味や好きなものがある場合、どうしてもそれに関連する贈り物を選ばれる方がいますがこれが意外とトラブルに繋がる事があります。何故なら還暦まで続いている趣味というのはそれなりの拘りや知識を持って続けている方も多い為、半端なものは渡せないからです。知らずに微妙なものをあげてしまったのでは貰った側もどうしていいものかと扱いに困りますし、自分が余程その分野に精通していないと案外こういう事体にはなりがちです。