皆さんは還暦祝いに一体何を贈っていますか?
お花を贈っている人が多いのではないかと思いますが、もっと特別なものを贈ってみるのはどうでしょう。(関連>>>還暦祝いプレゼントランキング)例えば、世界にたった一つしかないものをプレゼントするとか。
最近は変わった贈り物が増えているので、きっと素敵な贈り物を見つけることが出来ますよ。


-還暦にはこれがおすすめ-

還暦祝いには、やっぱり何か特別なものをプレゼントしたいですよね?
今は、オリジナルで作ってもらえる絵本などがあるので、それを贈ってみるのもいいでしょう。
パソコンをやる人なら、ガラスのマウスパッドというものもあるらしいので、きっと喜んでもらえるはずです。
また、年齢と名前がプリントされたTシャツなどもありますから、色々探してみるのも楽しくていいですよ。


-ガラス細工を選ぶのもアリ-

還暦祝いですから、何か品のあるものの方が好まれるかもしれません。
あまりにも可愛いもの過ぎても困ってしまいますから、ガラス細工やオルゴールなどの方が喜ばれるかもしれませんね。
オルゴールは好きな曲で、入れ物も自由に選ぶことのできるお店がありますので、ぜひ検索をしてみて。
きっと素敵なものを見つけることが出来ると思うので、諦めずに色々調べてみましょう!

還暦祝いに何を贈ろう?

Posted 火曜日, 2月 25th, 2014

皆さんの中にも還暦祝いに一体何をプレゼントしたら良いのか迷っている方もいらっしゃるかと思いますが、そんな時は変わったものをプレゼントしてみませんか?
今はネットが充実しており情報も多々ありますので色々出てくるかと思います。(参考記事⇒還暦祝いプレゼントランキング)お母さんの還暦祝いでしたらやはり化粧品や時計、お父さんでしたら万年筆やお酒でしょうか。


-還暦祝いにはこれがおすすめです-

お母さんの還暦祝いでしたら、お花、プリザーブドフラワーなどが良いかと思います。
枯れにくいように加工されていますし香りも花粉もありませんので、非常に良いかと思いますよ。
お父さんでしたら、お父さんの名前を入れたラベルを貼ったお酒や感謝の言葉を書いたラベルを貼ったお酒などを贈られるのが良いかと思います。
焼酎サーバーを贈られても喜ばれるでしょうね!


-素敵な思い出を作ろう-

還暦を素敵に迎えるために、色々調べて試してみるのが良いかと思いますよ。
何かサプライズをすることはできないか、何をしたら心に残るような素敵な時間を過ごすことが出来るのかなど考えてみるのも楽しくて良いかと思います。
先程申し上げましたプリザーブドフラワーでしたら長く保つことが出来ますので大切な思い出の品としてとっておくことが出来ますので非常に良いのではないかと思います。

還暦とは60歳のお誕生日です。干支が12あることから、すべての干支を1周して赤ちゃんに戻るということから、長寿を願い、魔除けの意味もある赤いものをプレゼントするのが一般的です。現在は平均寿命も高くなり、還暦を元気に迎える方も多いのではないかと思います。


-還暦にオリジナルのものを-

還暦は一つの大きな区切りになることから、プレゼントに迷う人も多いのではないでしょうか?まだまだ元気といっても、60歳になれば体力なども徐々に衰えてきます。旅行などに一緒に行き、形ではなく思い出を渡すという家族も多いそうです。(関連>>>還暦祝いプレゼントランキング)また、還暦だけでなく人気の高いギフトにオリジナルというキーワードが挙げられています。置時計やお酒など、ラベルなどを写真にすることが可能なものも増えているそうです。


-プリザーブドフラワーもオリジナルブーケができる-

枯れないお花として人気が高まっているプリザーブドフラワーも、還暦祝いのギフトとして人気が高いそうです。このお花は特殊な液体につけて花びらを加工し、人口の染料で花びらを染めています。花粉などが発生せず、生花よりも長い間枯れずに飾っておくことができるので、お年寄りでも手入れがいらないなど人気なのだそうです。

【PRリンク】
還暦祝いなら…貰って嬉しいプリザーブドフラワー(http://www.cellblock.jp/)

還暦祝いとタイミング

Posted 木曜日, 1月 23rd, 2014

還暦のお祝いは基本的に祝う方の年齢が満60歳あるいは数え年で61歳にお祝いするのが一般的です。その為年単位で祝うタイミングを逃したという話はあまり聞きません。ただじゃあその年のいつやるのか?に関しては意外と知られておらず疑問に思っている人も多いようです。


還暦は何時祝うべきか

少し調べてみると還暦を祝うタイミングというのは様々です。最近では誕生日を一緒に還暦を祝う事が増えたようですが、例えば定年が60歳だった時は退職祝いと一緒に4月頭あたりにという方もいましたし、お正月にお祝いをしたという人もいるようです。では正解は何時なのかというと満60歳を迎える年のお正月にやるのが正式な形だそうです。元々還暦には干支が一周するなど東洋側の特色が強い為誕生日との関係性は薄く、どちらかというとやはり「日」より「年」を祝うといったニュアンスのようです。


何時でもいいので祝うのが大事

ただ前述の通り誕生日と一緒に祝う人のほうが今は多いですし一般的です。また何時祝ったから不正解といった事はなく大切なのは該当する年の何処かできちんと祝う事だと思います。是非還暦祝いにはきちんとプレゼントを用意し、一緒に食事や旅行に行って、今までの60年間とこれからの人生を祝ってあげましょう。

還暦祝いの定番プレゼントの中には「赤い」色のものや、何か年数の経過や大事な節目を思わせる「時」に関係したものが多いように思えます。例えば赤いちゃんちゃんこや赤い花などは定番ですし、昔の写真や新聞等を引っ張り出してくる人もいると言います。そして「赤」で「時」と言えばもう一つ、60年物のビンテージワインも還暦の贈り物にはよく選ばれています。


還暦にワインを送る意味

前述のようにまず赤というのは縁起物で魔除けの意味があるとされ還暦のお祝いでは進んで選ばれています。また同じ年に生まれたワインというのは場所こそ違っていても同じ時間を生きてきたという事もあり何処か特別で感慨深いものがあると言います。なお価格帯が程よいのも選ばれている理由の一つではないでしょうか。


ビンテージワインの価値

なおワインは寝かすと美味しくなると言われていますがそのメカニズムはまだ厳密には分かっていないといいます。ただ基本的には水とアルコールが時間をかける事でより一体化し口当たりがまろやかになる、また深く成熟した上品な香りになるそうです。本来ビンテージワインの年号はそのワインに使われた葡萄が何年のものかを表す為のものであり、言ってしまえば美味しい葡萄の年と美味しくない葡萄の年を分別するものでした。しかし葡萄が美味しくてもワインになると微妙なものから、微妙な葡萄でも美味しいワインに仕上がったものもある為一概に年代=美味しさの指標とは言えず、こういった特別な日の贈り物としての価値が一般的には重視されています。

思い出に残る還暦祝いを

Posted 火曜日, 1月 21st, 2014

還暦祝い用のプレゼントにあれでもないこれでもない、と悩まれている方もこのサイトを閲覧されている方の中には多いのではないでしょうか。確かに喜んでもらえるものを選ぶのは大事ですし大切な事ではありますが、拘り過ぎは煮詰まってしまいがち。一度プレゼントという枠組みを取り払ってしまうのも一つの手かもしれませんよ。


還暦のお祝いに思い出作り

還暦のお祝い用に様々な贈り物が市場に流通していますが、その一方で還暦祝いは旅行にいった、食事にいったという方も少なくありません。尤も食事に行った先で贈り物を渡したなんて方も大多数でしょうが無理に何かを買おうとせず、ちょっといい食事や旅行で思い出作りというのも比較的好印象な贈り物だとききます。


昔の思い出と今の思い出

またイラストやメッセージといったお金こそかかっていないものの気持ちの詰まった贈り物というのも喜ばれるようです。まぁそれだけに頼りすぎても行けませんが、お金だけでなく手間を少しかけるのも一つの手です。例えば贈り物に昔の写真を添えておく事や、60年前の新聞記事を添える等懐かしい気持ちにさせるものも還暦のお祝いには適しています。贈り物の内容に気を遣うのもよいですが、こういった渡し方やシチュエーション等に目を向けてみるのも良いのではないでしょうか。

還暦祝いにありがちな事

Posted 火曜日, 1月 21st, 2014

還暦祝いのプレゼントは結婚祝いや出産祝いのようにタブーのような決まりごとが少ない一方で、意外と避けたほうが良い地雷をあえて踏んでしまうという方も少なくありません。例えば還暦祝いにありがちな問題としては贈る側が贈られる側を過度に老人扱いしてしまうケースです。


還暦祝いには老人を連想させる贈り物は避ける

例えば還暦祝いに老眼鏡や補聴器等を検討される方がいらっしゃりますが、これはだいぶ相手を選ぶ贈り物になります。特に今現在贈る相手が視力や聴力に不自由していない場合これから視力や聴力が落ちていく事を暗示させる為好ましくありません。また衣類などを還暦祝いに選ばれる際もあまり高年齢者向けのデザインを選んでしまうのは喜ばれないと言います。


相手の得意分野は難しい

また何か贈る相手に趣味や好きなものがある場合、どうしてもそれに関連する贈り物を選ばれる方がいますがこれが意外とトラブルに繋がる事があります。何故なら還暦まで続いている趣味というのはそれなりの拘りや知識を持って続けている方も多い為、半端なものは渡せないからです。知らずに微妙なものをあげてしまったのでは貰った側もどうしていいものかと扱いに困りますし、自分が余程その分野に精通していないと案外こういう事体にはなりがちです。

還暦のお誕生日では赤いものをあげる風習が日本にはあります。日本では古来から12年で一周する干支があります。この干支が生まれた年から数えて、一回りを終えるのが60年だからです。生まれた年に還ること、魔除けの意味もある赤を身に着けることで長寿を願うものでした。


還暦の赤いものといえば?

還暦のプレゼントで赤い、ちゃんちゃんこやずきんなどは減ってきてしまいました、赤いものを渡すという習慣は残っているようです。現在では、赤い下着など日常で利用でき、ファッショナブルなアイテムを渡す夫婦もいると言われています。また、赤いお花をプレゼントする人も増えています。お花の中でも人気が高いのが、特殊な加工をして枯れないようにした、プリザーブドフラワーです。


長い間枯れず、手入れも楽なプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーの人気が高い理由として、生花のように毎日お水を変える手間がいらないこと、長持ちするので、枯れてしまう心配をしなくていいことなどが挙げられています。現在は男性で70歳、女性では80歳が平均寿命と言われていますから、長い間、眺められるお花をもらえるのはうれしいものですね。手入れが難しい生花は、お水に一滴ほど洗剤などをたらすと、水が悪くならないのでお花が長持ちしやすいと言われています。