自信を持って転職活動しよう!SEの転職

SEの転職

SEはシステムエンジニアといって、コンピューター関連に関する豊富な知識を持っています。その知識を生かせば転職もしやすいはずです。うまく職場を選べば今よりも好条件の仕事が見つかるでしょう。SEの転職についてノウハウをご紹介します。

SEが身につけている技術

SEをしている人にとっては自分自身でよく分かっていると思いますが、SEが持っている技術を再整理してみましょう。
SEはハードウェアとソフトウェアの観点からコンピューターに関する豊富な知識を持っています。ただし、SEの強みはそれだけではありません。SEの仕事は企業におもむきその企業の業務がコンピューターの導入により効率化されることを目指しますので、その会社の業務内容を理解する能力が高いです。業務の流れを理解しないと効率的なシステムが組めないからです。その会社の業務内容を理解し、業務フローを記載できるほどの能力を持っています。また、SEは、ハードウェア設計者やソフトウェア設計者など多くの人々を動かしますので、マネージメント能力も高いはずです。更に、会社のシステムを理解するために、その会社の人との打ち合わせも頻繁に行い話を聞くことが上手で、コミュニケーション能力も高いです。なお、SEの仕事はとても忙しいですので、仕事量をコントロールするための自己管理能力も高まっているはずです。

転職の心構え

ひとことで、SEといってもシステム開発系や、セールスエンジニア、組み込みシステムエンジニアなど様々なジャンルがあります。自分がどのジャンルに位置しているのかをしっかりと理解しておきましょう。この作業ができていないと、転職先への面接にて自分のことをしっかりとアピールできなくなります。可能であれば、SEを取り巻く環境などについても学んでおいた方が良いでしょう。また、SEが働ける企業は、ソフトウェア・情報通信業界だけではい事も理解しておきましょう。たとえば、社内SE等の職種では、全くITとは関係ない企業に就職してその企業内で使用されているシステムの運用や管理を行います。更に、自分のポジショニングを考えておくことも大切です。バリバリに設計者として働きたいのか、管理職として働きたいのか等を自分の中で整理しておく必要があります。技術力の高い人は設計者として働くのが理想的で、マネージメント能力が高い人は管理職として働くのが理想的です。なお、SEは技術力とマネージメント能力のバランスも問われることも理解しておく必要があります。

転職の方法

SEの転職方法としてはいくつかの方法があります。

現在の人脈を生かす

SEとして働いてきた人は、これまで多くの企業と関わり合いを持ったはずです。その人脈を生かし、SEを募集している企業を紹介してもらったり、自分がSEとしてシステムを構築した企業の社内SEとして働く方法があります。

転職情報誌を見る

転職情報誌による求人情報から自分に合っている求人を見つける方法です。この手法を採る場合には、自分自身の得意な技術分野をしっかりと把握し自分に合った会社を選ぶ必要があります。また、転職先の給与面の条件や仕事内容の条件などを自分自身でチェックする必要があります。表計算ソフトなどを利用して、候補の会社を列記して比較してみると良いでしょう。

転職エージェントを利用

転職エージェントを利用する方法も一つの手段です。転職エージェントを利用するメリットとしては、自分の能力を客観的に判断して最適な企業を紹介してくれることです。また、転職エージェントは情報量が多く、多くの非公開求人の情報を持っていますので、一般的な求人誌では見つからないような求人も紹介してもらえます。更に、給与の交渉なども行ってもらえます。採用までのスケジュール調整もエージェントが行ってくれますので、自分自身で転職活動ができない忙しい人にお勧めの手段です。

SEの転職先

SEの人が転職するとなるとどんな企業があるのでしょうか。再度SEとして働くのも良いですし、SEとしての力があれば他の技術分野でも働けます。他の分野の転職先候補を挙げてみましょう。

Webエンジニア系

おもに、SNS系などのWebサービスの開発や運営を行う仕事です。サービスの企画から開発、運用まで全て行うのが特徴です。この分野は将来成長する可能性が高いです。

社内SE

有る企業に常駐し、その企業の社内システムの企画や構築、運用などを行う仕事です。自分自身が所属する会社の社員がお客様となる仕事です。社内SEは、社内のIT全般担当として扱われることが多いです。

ITコンサルタント

ネーミング通りIT関連に関するコンサルタントを行う仕事です。一般的なSEよりも給料が高いのが特徴ですが、それに見合うだけの成果が出せるように高いプロ意識が必要となります。

フリーランス

企業を介さず自分自身にてフリーにて仕事を行います。フリーランスになるメリットは給料が増えることです。ただし、給料は自分の頑張り次第ですので、自分自身でモチベーションを高める努力が必要です。

新しい職場での働き方

SEが転職をした場合、新しい職場では人間関係に戸惑うことが多いです。それぞれの会社によって特色が有りますので、「郷に入っては郷に従え」の心構えで、その会社の雰囲気に合わせることが大切です。また、会社によって上司を呼ぶ時に名前で呼ぶ企業と、役職名で呼ぶ企業がありますので気をつけましょう。一般的には外資系の企業は名前で呼ぶことが多く、日本の企業は役職で呼ぶことが多いです。IT関連の仕事は多くのセクションが連携し合いながら仕事を進めていきますので、関連部門についてもなるべく早く覚えるようにしましょう。なお、人間関係を円滑にするには勤務時間外のコミュニケーションも大切です。歓迎会を開いてもらったら、喜んで出席しましょう。早い段階から、たくさんの人と話してお互いを理解する努力が大切です。